自律神経本文へスキップ

自律神経

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.06-6395-3366

〒532-0004 大阪府大阪市淀川区西宮原1-6-36

自律神経とは?

脳 神経は体の隅々まで張りめぐらされています。その中心となるのが脳です。そして、脳から出て背骨の中を走っているのが脊髄です。この脳と脊髄を合わせて中枢神経と呼びます。中枢神経である脳と脊髄から出た多くの枝が末梢神経であり、この末梢神経の中に体性神経と自律神経の2種類があります。

 体性神経には、様々な感覚を脳に伝える感覚神経(知覚神経)と、脳からの命令に従って体を動かす運動神経があります。体性神経は意志によって体の組織を動かす神経(運動神経)と、痛みや温度・圧迫感等を伝える神経(感覚神経)で構成されます。

 自律神経は、消化吸収・生殖機能・血液循環・新陳代謝など意識ではコントロールできない組織を支配しています。つまり、体の中の環境を調整するための神経と言えます。この自律神経の働きとホルモンの働きによって体の中の環境を正常に保っています。この内部環境が維持されている状態を内部環境の恒常性(ホメオスターシス)と呼び、生命を維持するためには無くてはならない作用です。
自律神経の分布図はこちら

 自律神経には、交感神経と副交感神経の2種類があります。この2つの神経が協調して働くことによって人間の内臓機能は正常に保たれます。例えば、交感神経は起きて活動している時の神経で、副交感神経は寝ている時や落ち着いて食事をしている、リラックスをしている時などに働く神経です。1つの臓器や器官に対しても、それぞれが反対に作用する形で身体の機能を調節しています。
この2種類の交感神経と副交感神経は、1日を通してリズムよく働いています。

 交感神経の働きが強まったときには、全身の筋肉に対する血管が広り運動がしやすくなったり、心拍数が上がるなど活動レベルが上がります。つまり、交感神経は身体を活動させるために必要な神経で、交感神経の活動が活発な時は体内での代謝が高まり活動しやすい状態にあります。車で例えるならば”アクセル”の役割を果たしています。その為、交感神経が活発に働いているときにはエネルギーを大量に消費します。交感神経機能が亢進している時には、細胞性免疫の機能が高まります。

 副交感神経は、寝る時や食べる時など身体をリラックスさせる神経です。副交感神経の働きが強まったときには内臓に対しての血液循環が良くなります。そうすることで、食べた物を消化・吸収しやすい状況を作ります。リラックスした状態ですので、副交感神経が働いているときには、身体にエネルギーを貯蓄するように働きます。車で例えるならば”ブレーキ”の役割を果たします。さらに、副交感神経が働いている時、人間の自然治癒力が強まります。これが免疫です。つまり、落ち着いた環境を作ることで免疫力は高まり、より健康な状態になるということになります。また、睡眠に入る時も副交感神経の働きが重要です。

 日常生活で例えると、緊張した時に交感神経が働きます。緊張の度合いが高まると、心拍数は増加し、心臓の収縮力も増大し『ドキドキした状態』になります。また、手のひらや足の裏などに汗をかきます。この緊張状態が解けると副交感神経が作用し、ドキドキした状態から解放され手の汗も引きます。

 このように、交感神経と副交感神経は、外部環境や身体の内部環境に適応するように自動的に切り替わり、臓器や器官の働きを調節してバランスをとっています。

 交感神経と副交感神経の働きのバランスが取れている事が正常です。ですが、どちらかが極端に働いてしまった状態が自律神経失調症といわれる状態になります。
現代社会は非常にストレスの強い社会です。その為、交感神経が優位になってしまっている方がほとんどです。

 自律神経の代表的な働き

 器官 交感神経  副交感神経 
 瞳孔  拡大する 収縮する 
 涙腺  分泌を抑制 涙を生成 
 唾液腺  少量で濃い唾液  多量で濃度の低下
 肺  肺・気管支の拡張  肺・気管支の収縮
 汗腺  汗が濃くなる  汗が薄くなる
 冠動脈  収縮する  拡張する
 心臓  心拍数の増加  心拍数の減少
 血圧  上昇する  下降する
 皮膚  収縮する  拡張する
 胃腸  働きを抑制  働きを促進
 消化管  消化液の分泌抑制  消化液の分泌促進
 肝臓  グリコーゲンの分解促進  胆汁の生成促進
 立毛筋  収縮して鳥肌が立つ  弛緩する
 膀胱  排尿を抑制  排尿を促進

dysautonomia自律神経失調症

〒532-0004
大阪府大阪市淀川区西宮原1-6-36
TEL 06-6395-3366
日曜日も自律神経失調症の治療を行っております。

LINE

ロゴ

手技療法によって自然治癒力を最大限引きだし、根本からの改善をサポートする事をイメージしてます。