ガス型過敏性腸症候群本文へスキップ

ガス型過敏性腸症候群 大阪

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.080-6224-4693

〒532-0004 大阪府大阪市淀川区西宮原1-6-36

ガス型過敏性腸症候群

顕彰を受賞
過敏性腸症候群の一種であるガス型過敏性腸症候群についての説明です。

過敏性腸症候群ガス型の女性 過敏性腸症候群のガス型は、周囲に相談してもガスが溜まるということが理解できる方が少なく、1人で悩んでいる方が多い疾患です。特に女性の場合は顕著です。
過敏性腸症候群のガス型のガスとはいわゆる”おなら”の事で、
『おならがよく出る』
『ガスが溜まってお腹が張る』
『無意識にガスがでてしまう』
『お腹がゴロゴロなる』
『腹痛』等の症状が認められる病態です。
 ガス型は性質上、女性に多く診られますが決して男性に少ないわけではなく、男性の場合には『あまり気にしていない』という場合も多い為に女性に多いとされています。

 ガス型と言っても単独で症状がある場合は少なく、下痢型や便秘型、混合型のいずれかが併発していることが多いのが現実です。

 過敏性腸症候群のガス型でガスが溜まる原因

○腸管活動(自律神経機能異常)でのガス発生
 腸の活動が活発となることでガスが発生する。腸管内で発生するガスは大腸菌の代謝産物であるため、大腸菌の増殖に関連する特定の食物を多く摂取することによって大腸菌が増えガス発生量が増加していると考えることができます。

○食事による空気の混入
 食事のスピードが速い場合に、食べ物と同時に空気を飲み込んでしまい腸内に空気が溜まってしまう。ただし、多くの空気は”げっぷ”として排出されます。

○腸内環境(フローラ)の問題によるガスの発生
 抗生物質の長期間投与や食事のバランスの問題、薬物の使用によって、腸内に存在する大腸菌(約1㌕)のバランス均衡が崩れることによってガスが発生する。

食物繊維の摂取に注意が必要

 過敏性腸症候群ガス型の問題点

 ガス型の問題点は相談しにくい症状であるため1人で抱えてしまうことが多く、他の自律神経失調症の症状やうつ病などが発症してしまうことが最も問題となります。

 その他、ガス型の場合には”匂いが強くなる傾向がある”と言われています。この傾向から、公衆のトイレなどをできるだけ使用しないように意識してしまい、腸の動き自体に問題が現れることもあります。

過敏性腸症候群専門ページ

information

ロゴ大阪府大阪市淀川区の東洋医学治療センターです。最寄駅は、新大阪駅で徒歩8分です。当院は厚生労働省認可の治療院で、国家資格所持者による自律神経失調症の治療を行っております。
当院は日本で唯一のアメリカ合衆国大統領からの顕彰、国連機関のWHFからの顕彰、さらにUniversity of Williamsburgから東洋医学に関する学位を取得した治療院です。

あなたの症状に応じて、東洋医学治療や自律神経免疫療法、整体療法、バイオフィードバック療法なども使っていきます。もし不安や、心配なことがあれば遠慮なくお伝えください。
できる限りご要望に応じて、治療を進めてまいります。
一緒に快適な日常生活を取り戻しましょう!

受付時間
10:00~21:30 /

※日曜診療は8:30~19:00
・完全予約制
・休診日:水曜日・土曜日・祝日

【自律神経失調症の治療に御来院いただいている地域】
大阪府大阪市(淀川区・西淀川区・中央区・北区・東淀川区・港区・福島区・都島区・住吉区)
大阪府吹田市・大阪府豊中市・大阪府茨木市・大阪府池田市・大阪府高槻市・大阪府堺市・大阪府摂津市・大阪府寝屋川市・大阪府大東市・大阪府東大阪市・大阪府大阪狭山市
兵庫県尼崎市・西宮市・宝塚市・伊丹市・芦屋市・神戸市・京都府・滋賀県・岐阜県・愛知県・奈良県

LINE〒532-0004

大阪府大阪市淀川区西宮原1-6-36
TEL 080-6224-4693
日曜日も自律神経失調症の治療を行っております。

dysautonomia自律神経失調症

532-0004
大阪府大阪市淀川区西宮原1-6-36

TEL 080-6224-4693
mail toyo_medicine@ezweb.ne.jp
日曜日もガス型過敏性腸症候群の治療を行っております。

LINE

ガス型過敏性腸症候群/過敏性腸症候群治療は大阪市淀川区の東洋医学治療センター