自律神経失調症治療Q&A本文へスキップ

自律神経失調症治療Q&A

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.080-6224-4693

〒532-0004 大阪府大阪市淀川区西宮原1-6-36

自律神経失調症治療Q&A

自律神経失調症

.自律神経失調症の起こりやすい時期はありますか?
.  自律神経の機能が乱れやすい時期の代表的な時期が季節の変わり目です。この中でも特に注意が必要なのが、秋から冬に移行する時期です。この時期は、空気は乾燥し、朝晩の気温差が大きい時期でもあります。特に、大阪のような環境で最低気温が20℃以下になる時期で、1日の気温差が8℃以上ある時には注意が必要です。この気温差が、自律神経の働きを狂わせて自律神経失調症になってしまう可能性があります。

また、熱い夏の時期であってもクーラーの良く効いた環境にいる方は自律神経失調症に気をつけなければいけません。これは、クーラーの良く効いた環境では、汗腺があまり働いていません。いきなり室外の熱い環境に出ても急に汗腺が働くことはできません。その為、自律神経は身体を守るために暑い環境に適応しようとします。この適応反応に15〜20分必要と考えられます。特に、この暑い室外の環境とクーラーのきいた涼しい環境を何回も出たり入ったりする方は、特に自律神経失調症に対する注意が必要です。自律神経が、暑い環境やクーラーのきいた環境に適応したら、また逆の環境になってしまう。このような状態に自律神経が適応できなくなり自律神経失調症になってしまうのです。

逆に、寒い時期であっても同じです。暖房の効いた温かい環境にいて、寒い室外に出るのも同様です。温かい環境で、汗腺が機能している状態で、急に寒い室外の環境にでると体内の熱を放出しないように自律神経は適応しようと急速に働きだします。この適応にも10〜15分必要と考えられます。そしてこの寒い室外の環境から、温かい室内に入ればまた汗腺を機能させなければいけません。この繰り返しが、自律神経失調症になってしまう原因と考えられます。

それぞれの時期に対する対応策
季節の変わり目:季節の変わり目に自律神経失調症にならない為に重要な事は、生活リズムを整える事です。特に睡眠は重要です。この時期の睡眠不足は、自律神経失調症を引き起こす引き金になる危険があります。睡眠はしっかりととるようにしましょう。

夏:夏の対策は、良く言われる事ですがクーラーを強くかけ過ぎない事です。外気温から5°下げるぐらいが理想的です。ですが、真夏になると5度ではほとんど冷えません。ですが、外気温との差は大きくても8℃までとしましょう。

冬:冬の対策も同様で、外気温との差を5℃位に押さえましょう。

.ストレスと自律神経失調症の関係はありますか?
.A.ストレスは自律神経失調症に大きな影響を与えます。その流れについて簡単にご説明いたします。

自律神経とは、交感神経と副交感神経があります。交感神経とは、起きている状態で活動している時に働く神経です。副交感神経とは、安静にしている時やリラックスしている時、ご飯を食べている時、寝ている時などに働く神経です。この2つの、交感神経と副交感神経の働きのバランスが崩れた時に”自律神経失調症”が起こると考えられます。それでは、なぜこの”交感神経”と”副交感神経”の働きのバランスが崩れるのでしょうか?その原因について当院の見解を記載します。

現代社会は、非常にストレスの多い社会といわれています。ストレスというと、一般的なストレスである精神的なストレスが思い浮かぶ方も多いと思います。ですがストレスはこれだけではありません。これ以外に、テレビやパソコン・携帯電話のモニター部分の光による眼への光によるストレス、車や電車など高速で動くものの眼へのストレス、無意識に感じているといわれている雑音に対する耳へのストレス等があげられます。

ストレスは、身体や心にとって有害なものとして認識されます。その為、この有害なものから身体を守るために、”交感神経”の働きを強めて対応しようとします。この状態が交感神経優位な状態をつくってしまいます。このような状態が短期間であれば、神経の調整機能によって基の、交感神経と副交感神経のバランスのとれた状態に戻っていきます。ですが、このような環境が、長期間続くとこのバランスの取れた状態の戻れなくなってしまいます。その結果、”交感神経”と”副交感神経”の働きのバランスが崩れて戻らない状態になってしまうのです。

.自律神経失調症の改善に運動は役立ちますか?
.運動をすることは自律神経失調症の改善を早める効果があると考えています。

.自律神経失調症はエアコンを付けない方が良い?
クーラー病.エアコンを付ける事が自律神経失調症になるという風に考えられる方もいらっしゃるようですがそのような事はないと考えています。ただし、エアコンの使い方によっては自律神経失調症になる可能性もあります。
 悪い使い方は簡単に想像できると思います。それは、外気温との温度差が大きな状態です。夏は冷やしすぎる、冬は温めすぎるという状態です。
 自律神経機能が乱れた状態にクーラー病があります。クーラー病とは、エアコンで強く冷えた室内に長時間いた後に外の高温環境に行き、再び強く冷えた環境に入り、また、暑い高温環境に行くことによって発症する自律神経失調症です。ですが、クーラー病自体は正式な病名ではなく一般的な通称です。
 この時、強く冷えた環境とは外気温と室温の差が10度以上あるような環境と考えられています。長時間は、自律神経機能が環境に対応し始める1時間以上と考えられます。このような環境によってクーラー病が発症しやすいのは女性や子供、高齢者です。男性は比較的クーラー病にはなりにくいと考えられます。   男性がクーラー病になりにくい理由としては、男性はホルモン等の生理的変化がほとんどなく、体内環境が安定している為です。逆に、女性は月経リズムなどホルモンバランスの変化がある為に外部環境の変化に弱いと考えられます。子供や高齢者の場合には、基礎体力の低下が原因と考えられます。
 男性が多い職場ではクーラーが強い傾向があります。

 暖房の場合も外気温との温度差が大きくならないように気を付けることが必要です。特に、顔が火照るような場合には暖房を効かせ過ぎている可能性があります。

.自律神経失調症の治療内容は?
.当院では、自律神経失調症に対して鍼灸治療・整体療法を行っています。治療法の決定は、自律神経失調症の症状に合わせて行っています。しかし、治療初期で症状が強く出ているような場合には鍼灸治療を選択いたします。

.自律神経失調症の治療期間は?
.自律神経失調症の治療期間は症状によって様々です。症状が軽い場合には2〜3カ月、重度の場合には半年以上かかる事もあります。基本的な治療間隔は、週に1回の治療です。症状が軽減するに伴い治療間隔を2週間に1回、3週間に1回とあけていく方法をとっております。

.整骨院と整体の違いは?
.整骨院と整体は全く違うとお考え下さい。詳細は動画でご紹介しております。

.病院との同時通院は可能ですか?
.当院での治療は、薬は一切使いません。その為病院との同時通院可能です。

.自律神経失調症の治療に予約が必要ですか?
.自律神経失調症の治療の場合、専門知識を持ったスタッフの治療が必要となります。その為、治療は完全予約制で行っています。御予約の上ご来院ください。

.自律神経失調症の治療に鍼はしなくてはいけないのですか?
.鍼治療は、症状によってお勧めすることがありますが、無理に行うことはありません。
  ※症状が強く出ている場合には、鍼灸治療がお勧めです。

.カフェインと自律神経失調症の関係は?
.カフェインはコーヒー(cafe:カフェ:フランス語)に由来する物質で、お茶、コーヒーに含まれるプリン誘導体です。カフェインは脳に対して直接的な薬理作用があり、大脳皮質を興奮させ思考力・記憶力の増強と倦怠感の消失が見られます。末梢では血管の拡張作用があります。

 カフェインの含有量

種類 カフェイン含有量(g/100g)
コーヒー 1.2g
紅茶 3g
抹茶 4.5g

 コーヒーがカフェインを最も多く含んでいるイメージをお持ちの方も多いのですが、実際には日本茶が最も多い結果となっています。お茶を飲む習慣がある方は注意が必要です。飲むなら夕方まで、夜食の時には飲まないというのがいいかもしれません。

.自律訓練法は効果がありますか?
.  自律訓練法は、トランス状態に入っている人について調べた結果、いつも体が重く、温かさが全身に広がっていくような感覚を体験されている事がわかり、その結果から、自律訓練法はトランス状態をもたらす基本的な要素として筋肉や血管の弛緩が重要であると考えられた結果として体系化された精神療法です。

 具体的には、固まってしまった体をほぐしていくことによって、中枢神経である脳や脊髄の働きを調整し本来の健康な状態に心身共に整えていく方法です。この方法には、全身のリラックスを図る『標準公式』、特定器官の緊張を取り除く『特定器官公式』、自らの意思で自律神経失調症の症状の再発を防ぐ『意思訓練公式』の3種類の方法があります。

姿勢

 自律訓練法は心身のリラックスが目的となります。その為、自律訓練法を行う姿勢がリラックスできる姿勢でなければいけません。自宅で行うのであれば、横になった状態で行うことが理想的です。ですが、外出先などでは横になる事ができない事が多いと思われますので座った状態でも構いません。
 リラックスできる姿勢が取れたら目をつむります。

 自律訓練法には6段階あります。標準練習は、背景公式と6段階の公式から構成されています。

 第一公式、第二公式により、全身の緊張をほぐし血液循環をよくし、手足の重感や温感が得られます。
 精神的なリラックスを得るには、第一公式、第二公式で十分効果が得られます。

背景公式

 背景公式では、深呼吸をした後に、「気持ちが落ち着いている」という言葉を頭の中で3〜4回ゆっくりと繰り返します。

第1公式(重感練習)

第1公式では、両手両足が重たくなるような感じになるようにします。
『右手が重たい』⇒『左手が重たい』⇒『右足が重たい』⇒『左足が重たい』と3〜4回繰り返します。これによって身体が重たい感じをつかむようにします。

第2公式(温感練習)

第2公式では、両手両足が温かくなるような感じになるようにします。
『右手が温かい』⇒『左手が温かい』⇒『右足が温かい』⇒『左足が温かい』と3〜4回繰り返します。これによって身体が温かくなる感じをつかむようにします。

第3公式(心臓調整練習)

第3公式では、心臓の調整を行います。
具体的には、『心拍が静かに規則正しく打っている』と暗示をかけ意識します。

第4公式(呼吸調整練習)

第4公式では、呼吸の調整を行います。
具体的には、『楽に呼吸している』と暗示をかけ意識します。

第5公式(腹部温感練習)

第5公式では腹部の温感を行います。
具体的には、『胃あたりが温かい』と暗示をかけ意識します。

第6公式(額部涼感練習)

第6公式(額部の涼感)を行います。
具体的には、『額が涼しく気持ちいい』と暗示をかけ意識します。

これで自律訓練法は終了です。ですが、最後に必ず行わなければならない方法があります。

これには両手でこぶしを作り、素早く開く。これを2〜3回繰り返してください。次に、背伸びを大きく行いながら深呼吸を3〜5回繰り返してください。

.治療は痛くないの?
.当院で行っている治療法には、痛みはありません。ご安心ください。

.自律神経失調症の改善に家族の対応は関係しますか?
.自律神経失調症を改善するためには家族の対応が重要です。家族の対応法
 自律神経失調症でお困りの方の家族の悩みとして多いのが、『なんて声をかけたらよいかわからない』ということです。当院では、まず話を聞く姿勢が重要と考えています。自律神経失調症の方の性格的特徴として、『真面目』、『我慢強い』という特徴があります。そのため『体調はどう?』と質問しても、『なんともない』と答える方も少なくありません。この答えは、相手に心配をかけたくない、迷惑をかけたくないという気持ちから起こっているものです。実際に、自律神経失調症は症状が固定される場合もあれば全身に現れる場合もあります。また、症状の強さも固定される場合もあれば、症状に波が現れることもあります。多彩な症状が現れることが自律神経失調症の特徴なのです。 

 このようなときに一番やってはいけないことがあります。それは『安易な励まし』です。安易な励ましは、自律神経失調症の方にとっては強いプレッシャーになることも少なくありません。つらい症状で悩んでいる家族を見ると、励ましたい気持ちはわかります。ですが、これは逆効果になることがあります。ご注意ください。

 自律神経失調症の方にぜひ伝えてもらいたいことがあります。それは『自律神経失調症はつらいので、1日でも早く良くなりたい気持ちはわかります。ですが、自律神経失調症が急激に改善するということはほとんどありません。このような状態だからこそ焦らず冷静に考えることが重要です。』ということです。自律神経失調症を改善しようと焦れば焦るほど興奮してしまい、交感神経が優位になってしまいます。その結果、自律神経失調症は悪化してしまうことも少なくありません。『焦らない』ということをしっかりと伝えるようにしましょう

 また、安易な解決策を提案しても、自律神経失調症の苦痛を理解してもらえないという孤立感や焦りにつながってしまうことがあります。問題を解決を手伝いたいという気持ちからこのような話になることが多いようですが、問題解決の話をするよりも今現在の状況についてゆっくりと話し合うことが最も重要となります。このような話の結果、『悲観的に考えすぎているのかもしれない』と本人が気が付くこともあります。そうすると、自律神経失調症からの改善は急激に早まります。

 自律神経失調症になってしまったのは、頑張りすぎてきた結果です。頑張りすぎた結果、肉体と精神がともに疲れ切ってしまった。そして、その疲れを取るために脳が機能を低下させ休養を取らせようとしている状態こそが、自律神経失調症です。

 自律神経失調症の方を無理に焦らしたり気のせいなどという言葉は絶対にかけないようにしましょう。

.治療は何歳から受けれるの?
.治療には年齢制限はありません。ただし、自律神経リズムの安定していない10歳以下の治療は行っておりません。

.症状は1回で改善されるの?
.自律神経からの症状は慢性的な経過を持って起こってきます。そのため、症状の改善にも時間がかかることが多くあります。

.治療料金はいくらですか?
施術料金のページを参考にしてください。

.治療時間はどれぐらいかかりますか?
.治療時間は40〜60分です。症状によっては、60分以上かかる事もあります。

家が遠方で通うことができません。治療院を選ぶときに気を付けることはありますか?
.必ず必要なことは自律神経失調症の知識がある先生の治療を受けることです。初診の時に、自律神経失調症の状況説明がないような場合には注意が必要です。無口なのか?知識がないのか?
その他、高齢者が多く来院しているような治療院も要注意です。高齢者の対症療法と自律神経失調症の根本治療は全く領域が違います。高齢者に好まれるということは慰安要素が強い施術所の可能性が高いです。
その他はこちらをご覧ください。


dysautonomia自律神経失調症

532-0004
大阪府大阪市淀川区西宮原1-6-36

TEL 080-6224-4693
mail toyo_medicine@ezweb.ne.jp
日曜日も自律神経失調症治療を行っております。

LINE